展覧会

  • 展覧会
  • スケジュール
  • 作家一覧
  • レンタルスペース
  • アクセス
  • ギャラリー勇斎について
  • お知らせ
前のページへ戻る

堀内 昇Horiuti Noboru

プロフィール

コメント

制作、それは存在の確認、自己の肯定化。
遥か遠くからの命題の一つ、絵画の活性化のもと、
今も繰り返される画面との戯れ。
滑稽でもあり、幸福でもある絵画との営み。

堀内 昇 略歴
1960 大阪に生まれる(大阪芸術大学芸術学部美術学部卒)

個展
1986 信濃橋画廊(大阪)89、エプロン・88、5・95
1990 番画廊(大阪)
1991 ギャラリー白(大阪)93、94、96、97、98、00、06、07、08
1994 ギャラリーラ・フェニーチェ(大阪)
2003 コバヤシ画廊(東京)05
2010 ギャラリー勇斎(奈良)15 

 
グループ展、コンクール展
1986 日本国際美術展(東京都美術館、京都市美術館)90
1987 エンバ賞美術展(エンバ中国近代美術館・芦屋)88〜90、91、93
     ABC&PI展(ABCギャラリー・大阪他)88〜90、92、93
1988 11の風88展(画廊ぶらんしゅ・大阪)
     ローズガーデン美術公募展(ローズガーデン・兵庫)
1989 EMA12分の1(布忍神社・大阪他)90〜01
     吉原治良賞美術展(大阪府立現代美術センター)
     主張するオブジェ展(信濃橋画廊・大阪)92、93、95
     89KAOS(ギャラリーララ・ポーラ・大阪)
     現代の花鳥風月(阿倍野ターミナルビル・大阪)
     現代日本美術展(東京都美術館、京都市美術館他)92
     洋画100・和歌山大賞展(和歌山市民会館)
1990 日仏現代美術展(東京都美術館、京都市美術館、グラン・パレ美術館他)91
     CONTEMPORARY ART SELECTION(ギャラリーマツフジ・大阪)
     現代日本絵画展(宇部市文化会館・山口)
     大阪絵画トリエンナーレ(マイドーム大阪)93
1991 京都美術展(京都市京都文化博物館)
     柏市文化フォーラム104大賞展(柏そごう・千葉)
     紀の国絵画大賞展(紀の国会館・和歌山)
1992 現代美術3人展(凡画廊・兵庫)
1993 話題の作家展(創造の森こども美術館・大阪)
1995 二つの視点(阪急百貨店・大阪)

1997 Ge展(ABCギャラリー・大阪、京都市美術館他)98〜18
1998 Ge新春小品展(画廊ぶらんしゅ・大阪)99〜11
2002 多視点の絵画(ギャラリーラフェニーチェ・大阪)
2003 比良から新しい風が(比良美術館・滋賀)07
2006 ネオリアリスト展(大阪府立現代美術センター、ギャラリー白・大阪他)07
2007 京展(京都市美術館)
     美の冒険者たち 私のありか展(なんばパークス・大阪)
2008 ネオスタジオ5人展(ギャラリー白3・大阪)
     ペインタリネス2008(ギャラリー白)09
     真夏のアートフェスティバル(ギャラリー菊・大阪)09、10
     ネオスタジオ6人展(ギャラリーHOT・大阪)
     百花繚乱(兵庫県立美術館ギャラリー棟)
2009 ネオスタジオ9人の方法(ギャラリー菊・大阪)
2010 循環展(ギャラリー勇斎・奈良)
     青の美学(ギャラリー菊・大阪)
2011 大阪芸術大学美術学科作家展(ギャラリーkazahana・京都)
2016 10人の発言(ギャラリー菊・大阪)
2017 現代美術ZEROの視点(NEWOSAKAHOTEL心斎橋・大阪)
2018 現代美術ZEROの視点(ギャラリー檜・東京)


受賞
1987 第9回エンバ賞美術展・新人賞
1989 89ABC&PI展・優秀賞
1990 第16回日仏現代美術展・佳作賞
1991 第13回エンバ賞美術展・新人賞
     第17回日仏現代美術展・読売テレビ賞
     紀の国絵画大賞展・優秀賞


出版
2002 堀内 昇1986〜2001
     他

前のページへ戻る
HOME