展覧会

  • 展覧会
  • スケジュール
  • 作家一覧
  • レンタルスペース
  • アクセス
  • ギャラリー勇斎について
  • お知らせ
前のページへ戻る

川上 隆史Kawakami Takeshi

プロフィール

作品について
ここ数年、真鍮とポリエステルパテを主な素材にした立体、「彼女」シリーズを制作しています。
ここで言う「彼女」とは即ち、【女性一般】に対するイメージから、神秘的で深遠な美のエッセンスを抽出した形としての存在を意味しています。
故にそれらは多くの場合有機的な曲線の連続として、妖しく、かつ優美でなければなりませんが、時にはグロテスクな表情を見せるかもしれません。
真鍮による鋭い断面が輝きながらそれらを表現し、樹脂による柔らかな塊が存在感を示せていれば幸いです。
尚、真鍮がごく自然に有機物の代表としての木の枝に変化する部分は神話に登場する女性達のメタモルフォーゼを意識したものです。



略歴
1950 大阪市生まれ
1977 京都市立芸術大学美術学部彫刻科 卒業

個展
1983 ギャラリー16(京都)
1984 ギャラリー SPACE to SPACE(名古屋)
1985 NORTH FORT(大阪)
1986 NORTH FORT(大阪)
2003 茶屋町画廊(大阪)
2006 茨木市立川端康成文学館ギャラリー(茨木)
2011 ギャラリー勇斎(奈良)
2014 MU東心斎橋画廊 (大阪)

主なグループ展
4.24展(大阪府現代美術センター)……'78
大阪彫刻家会議展 (大阪府現代美術センターほか)……'81 '82 '84 '92 '95 '96 '03 '04 '14 ‘17
花と彫刻展(大阪市・靱公園)……'82 '94
花博野外彫刻展(大阪鶴見緑地)……'90
接展(ギャラリーさんちか)……’94
新春彫刻展(マサゴ画廊)……’95~毎年
実験展(画廊ぶらんしゅ)……’97~’01
WHO'S WHO彫刻展(ギャラリー楓)……'98~'01
OSAKA ART 21世紀への方向展(画廊ぶらんしゅ)……'00
ART IN ART JAPAN展(姫路市立美術館)……'01
何で作っ展 4人展 (茶屋町画廊)……'02
机の上と壁の小さなアート展(茶屋町画廊)……’03~毎年
それぞれの素材に向き合って 5人展(茶屋町画廊)……'05
架空通信百花繚乱展(兵庫県立美術館)……'08~'10
尼崎アートフェスティバル(尼崎市総合文化センター)……'12~'14
大阪御堂筋アート(大和証券大阪支店)……’15
新春現代美術展(ギャラリー猫亀屋)……'16、’17
ギャラリズム2016(ピアスギャラリー)……’16
前のページへ戻る
HOME