展覧会

  • 展覧会
  • スケジュール
  • 作家一覧
  • レンタルスペース
  • アクセス
  • ギャラリー勇斎について
  • お知らせ
前のページへ戻る

新美 皙 也Niimi Sekiya

プロフィール

コンセプト
「見えないが、ある様。」
人は、日々の繰り返しとその積み重ねを重んじ、それが成果となり、個と社会全体を支えている。 しかし近年、社会は目標を違えた技術や、実態のないバーチャルな経済、際限のない情報ばかりを追い求め過ぎている。
行先の表示されてない電車に乗る人はいない。 それなのに、先を見つめず、見えない故なのか、自然や他の全てのいのちに対して無視し、恐れを知らず、畏敬の念などは微塵もない。となると、それは単なる畜生か、餓鬼ではないか!         
―餓鬼の目に水見えずー と言われるが、現代社会そのものに見える。
個は百年も生きていない儚き命だが、何千年も繋がれてきた。だからこそ、千年のそのまた先を凝視し、見えない物の奥に存在するまことを、見据える。
天と地のハザマの命と知り、有限の生の様を見つめる。



作 者 略歴   1944 愛知県生まれ
アトリエ   487-0035 春日井市藤山台113-408
                                                            
所属美術団体 行動美術協会会員、 日本美術家連盟会員                                
1977~    行動美術協会 第30回「行動展」より出品 現在に至る                       
1982~93  日本国際美術協会、「国際美術賞展」に10年間 海外6カ国に出品      
2008~12 社団法人国際アートブリッジ「交流展」に5年間 堺、京都展出品                                                                                                                        
 個展 
1986  資生堂ギャラリー (東京)
1988  資生堂ギャラリー(東京)
1994   フタバ画廊   (東京)
1996  フタバ画廊   (東京)
1998  フタバ画廊   (東京)  
2006 番画廊     (大坂)
2008 信濃橋画廊   (大坂) 
2010  番画廊   (大阪)
2013  ギャラリー彩  (名古屋)

企画展 
1981~87   名古屋タイムズ社(名古屋) 
2007~9   ギャラリー Garo e Albno(名古屋)
2007~11   京都国際芸術センター(京都)
2009~隔年  ギャラリー 彩(名古屋)
2010    大坂スポニチ新聞社(大阪)
2011  ギャラリー マロニエ(京都)
2011~13  セントラルギャラリー(名古屋)
2012    ギャラリー TKC(堺)
2012~毎年  白川郷芸術祭(岐阜)
2014 マドレーヌ寺院(フランス)
2015  ミラノ万国博覧会芸術祭(イタリア)
2015  アートメゾン ビエンナーレ(スペイン)

グループ展    名古屋36回、神戸2回 京都1回
前のページへ戻る
HOME