展覧会

  • 展覧会
  • スケジュール
  • 作家一覧
  • レンタルスペース
  • アクセス
  • ギャラリー勇斎について
  • お知らせ
前のページへ戻る

獣の国 五人展Sakurai/Takagi/Tamano/Tiba/Narasaki

ギュラリースケジュール
2023年1月 6日2023年1月15日

プロフィール

櫻井結祈子・高木智広・玉野大介・千葉和成・楢崎くるみ五人による獣の国
獣の国(けもののくに)
人間である前にひとまず獣であろうと思う。十分に獣の喜びも悲しみも味わってからそろそろ人間になればよい。そうすれば人間に飽き飽きしたらすぐに戻れる獣の国がある。世間にはその方法を体得している人もちらほら存在するのかもしれない。他者を攻撃し傷つけるようなことはことさら獣ではない。椅子にくつろいで満面の笑顔で獣になるものもいるだろう。黙々と歩くことで獣になるものもいる。なんだそれはというTシャツを着て獣になるものもいる。詩人は言葉を獣にする。美術は世界を獣にする。人間など時々やればそれでよい。まずは獣の国から始めよう。

プロフィール
櫻井結祈子
1993年 長野県出身
2012年 愛知県立芸術大学美術科彫刻専攻 入学
2018年 愛知県立芸術大学美術研究科彫刻領域 修了

展示歴
主なグループ展
2019年 「ONE ART Taipei 2019」 台湾
2019年 「ART OSAKA 2019」ホテルグランヴィア大阪(大阪)
2019年 「驚異!!セラミック・スカルプチャー~奇々怪々な異形たち」 Bunkamura Gallery(東京)
2020年 「奇魂-kushitama-」 ギャラリー勇斎(奈良)
2020年 「Paradise Lost~楽園の喪失~」 ヴァニラ画廊(東京)
2020年 「リトル・モンスター」 不忍画廊(東京)
2020年 「イラストレーターが挑む寺山修司の言葉」 Bunkamura Box Gallery(東京)
2021年 「ART FAIR THE TERNINAL」 ターミナルキョウト(京都)
2021年 「象られた土、広がる庭」 愛知県立芸術大学サテライトギャラリーSA・KURA(愛知)
2021年 「夜ノ隙間」 Bunkamura Box Gallery(東京)
2022年 「異形のヴンダーカンマ―」 Bunkamura Box Gallery(東京)
2022年 「Breath in the End World」 ヴァニラ画廊(東京)

個展
2022年 「ケダモノたちのユートピア」 不忍画廊(東京


玉野大介
1961 大阪府出身
1985 早稲田大学法学部中退、画家を志す
2002 ターナーアクリルアワード大賞受賞
2002 リキテックスビエンナーレ、ヒロ杉山賞受賞
2004 グループ展「ノスタルジアの弟子達」ギャラリーLE DECO
2006 グループ展「ぺろーん展」Café FLYING TEAPOT
2007 個展 マルギャラリー/品川
2008 市場大介企画「 ジャパンパラノイア展」 ルモントアンレア/パリ
2009 個展「奇跡のカフカ」 unseal contemporary/日本橋、劇団ナイロン100°C公演『世田谷カフカ』のパンフレット挿画担当 
2010 個展 unseal contemporary/日本橋
2012. 個展 unseal contemporary/日本橋
2013. 高木智広企画グループ展 「迷える神々」マヤルカ古書店/京都
2014. グループ展「ネタ・メタ・サジタリウス」ギャラリー新宿座
2019. 長野県松本市 おっとぼけ美術館で個展「大オリンピック展」
2021. 個展 大阪 ノートギャラリー
2022. 個展 奈良 勇斎
2022. 個展 京都 ギャラリーえがく
2022. 個展 大阪 ノートギャラリー

髙木智広プロフィール
 
自然と人間との関わりを独自に考察し、絵画作品を制作

1972 岐阜に生まれる1992 武蔵野美術大学 短期大学部美術科卒
1995 フランスへ渡る 古典絵画技法を研究 パリ自然史博物館にて動物骨格の研究
1997 帰国 京都在住
2006 個展「ヒトが演じる動物園」 なびす画廊/東京
2009 個展「ODD EYES, SLEEPING」 unseal contemporary /東京
2010 第29回 損保ジャパン美術財団 選抜奨励展
   個展「FUR,AWAY」 elsa art gallery(台北)
2011 グループ展「激凸展」企画運営 unseal contemporary /東京
グループ展「 POSTER FOR JAPAN」 DogA /オスロ
   個展「落鳥の森」 unseal contemporary /東京
2012 第十五回 岡本太郎現代芸術賞 川崎市岡本太郎美術館(神奈川)
TOKYO LOVE SHOW 表参道ヒルズ/東京
2013 グループ展 溶ける魚 企画運営 精華大学内ギャラリーフロール(京都)
個展「空鳥-NUE-」 中京大学 C-スクエア(愛知)
2015 個展「伊邪那美」 ヴァニラ画廊/東京
2016 グループ展「neko neko Rieko」 Kunst Arzt /京都 みうらじろうギャラリー /東京
グループ展「幽霊画廊Ⅲ -冥界のジャスパー-」 ヴァニラ画廊 /東京
2017 個展「Rabbit Hole」ギャラリー小暮/ ニューヨーク
個展 「兎狩り」ヴァニラ画廊 /東京 
2018 グループ展「フェルメール・トリビュート展」MDP GALLERY /東京
2019 グループ展「ぎふ次世代の作家展」岐阜市歴史博物館分館
加藤栄三・東一記念美術館 /岐阜
   グループ展「Postcard's Urban Contemporary Art & Street Photography auction」
Old Spitalfields Market /ロンドン

千葉 和成  KAZUMASA CHIBA

1967年生まれ
神奈川県出身
1992年 東京造形大学 美術学科(彫刻科)卒業

Solo Exhibiti
2010年1月 Other Painting ? 「毒抜き」展 Pepper's Gallery(銀座 東京)
2011年1月 Other Painting ? ダンテ「神曲」千葉 和成現代解釈集 「地獄篇1~3圏」 Pepper's Gallery(銀座 東京)
2012年1月 Other Painting IX ダンテ「神曲」千葉 和成現代解釈集 「地獄篇4~7圏」 Pepper's Gallery(銀座 東京)
2012年9月 第15回岡本太郎現代芸術賞受賞記念個展 /千葉和成「良き明日への神話 : 福島第1原子力発電所」 岡本太郎記念館(東京 青山)
2013年4月 千葉和成「神曲」 -ダンテ「神曲」現代解釈集-地獄篇1~3圏 EPISODES- Pepper's Gallery(銀座 東京)
2019年8月 千葉和成「ダンテ『神曲』現代解釈集」(TOKYO) Mizuma Art Gallery(市ヶ谷 東京)

Group Exhibition
2010年3月 Japanese Emerging Artists’ Exhibition in NY 3rd.“Other Paintinng” WAH center(NY)
2011年3月 Japanese Emerging Artists’ Exhibition in NY 4th."J_ART" WAH center(NY)
2012年2月 第15回岡本太郎現代芸術賞展/ダンテ「神曲」千葉 和成現代解釈集 「地獄篇1~7圏」/ 岡本太郎美術館(川崎 神奈川)
2014年4月 掘りごたつハリケーン 東京アートコンプレックスセンター

Talk event
2013年9月 「これから芸術に何が出来るのか?」 新刊「震災とアート」出版記念トークイベント アーツ千代田3331内 (東京 千代田区)
/出演・倉林 靖(著者 美術評論家)×中村 正人(アーティスト)×千葉 和成(アーティスト)

Residence
2013年7月 ポーランド、スタリソンチ市レジデンス

Prize
2012年2月 第15回岡本太郎現代芸術賞/ 敏子賞受賞

Collection
WILLIAMSBURG ART & HISTORICAL CENTER(New York ) /Permanent Collection/2010制作作品,2011制作作品

崎くるみ Narasaki Kurumi

1990 兵庫生まれ
2013 宝塚造形芸術大学 造形学部美術学科卒業

個展
2013 「大きな世界と小さな世界」galleryクレハ
2015 「生きるためのお葬式展」自宅
2017 「のどかちゃんの部屋」gallery銀座一丁目
2020 人間の練習」Galeria punto


二人展
2016 楢崎くるみ×前原涼輔「第三の異物と理想病」gallery銀座一丁目
2022 楢崎くるみ×前原涼輔「葬るための儀式の考察」


主に個人の心象風景を描いた絵画と2019年頃から始めたパフォーマンスアート、五円玉に赤い糸を巻き付けた立体作品等を作っています
前のページへ戻る
HOME