展覧会

  • 展覧会
  • スケジュール
  • 作家一覧
  • レンタルスペース
  • アクセス
  • ギャラリー勇斎について
  • お知らせ
前のページへ戻る

水島太郎Mizushima Taro

プロフィール


あの龍のように地球は繋がり循環再生を繰り返し、存在しているという意味を追求したい。
怒りも闇も希望も光も、結局はどちらも同じである。


略歴
1979 水島弘一を祖父、水島石根を父に京都で生まれる。
   生活の中で陶芸、彫刻を始める。
2002 関西大学フランス語学科卒業
   渡仏
   画家マークエステルのアトリエに滞在。
   モナコ美術学校Pavillion Bosioで南仏訛りのフランス語を学ぶ
   ノルマンディー カン市国際展覧会出品
2004 ニースのアパルトメントで共同生活を送る。
   妻に出会うべく帰国
2005 東大寺お水取りに参籠し始める
2007 フランスコルシカ島アジア祭フランコジャポネに伝統技法として乾漆彫刻を出展
2008 京都ビエンナーレ2008乾漆彫刻を出展 入賞
2010 第56回全関西美術展3席
   奈良平城京遷都1300年祭記念展覧会 出展
2015 東大寺修二会にて童子として、燃える上がる籠たいまつを担ぎ始める
2016 第62回全関西美術展2席
2017 国画会展覧会 推薦出展 
国際巡回展MIMOOL 出展
   インターコンチネンタルホテル ロビークリスマスツリー装飾参加
2018 スウェーデン ストックホルムにてグループ展 出展(乾漆彫刻、ジュエリー)
   第64回全関西美術展2席
京都 泉涌寺塔頭戒光寺にて 展示
   東京 祥雲寺にて水島石根と親子展
2019 福岡県宗像市 別格本山鎮国寺にて展示
第65回全関西美術展2席にて終了 
2020 コロナ禍 11月奈良ギャラリー勇斎にて個展 
2021 東大寺観音院にて七人展

現在 愛する妻と3人の娘、偉大なる父と四季豊かな母と過ごし、
製作と発表を精力的に行いながら
漆の彫刻技術である脱乾漆技法の現代彫刻での復興を目指す

冬 東大寺修二会にて燃え盛る籠たいまつを担ぎ、
新しい春を迎えることが幾年のことである
前のページへ戻る
HOME