浅田香苗・Santo二人展Asada kanae & Santo

ギャラリースケジュール

2024年4月30日(火) - 5月5日(日)

※掲載作品の著作権は浅田香苗・Santo二人展に帰属します。無断転載は固く禁じます。

プロフィール

浅田香苗・Santo 二人展

(二人展について)

DIAM 〜静粛〜

ひっそりと過ごした日々

自分を見つめ、身近な存在に心を寄せた日々

 

(プロフィール)

浅田 香苗(あさだ かなえ)

主に水彩画制作。飛行機とバナナの葉っぱが好き。
生まれつき聴こえないことから、違うもの同士が共存するということを考え続ける。

略歴

1975年 奈良市生まれ
2000年 京都市立芸術大学大学院美術研究科修了
2000~2004年
インドネシア政府奨学金留学生としてインドネシア国立芸術大学(ジョグジャカルタ)に留学

展覧会(個展)

2000年 「ジャワからつれて来た、とある珍獣の見せる夢」TRIBAL ART京富(奈良)
2003年 “Create for safety and relaxation” benda.ART SPACE(Yogyakarta-Indonesia)
2003年より カフェDrink Drank(奈良)にてイラストレーションを常設展示

展覧会(グループ展)

1995年 「呼吸する場」ギャラリーCOCO(京都)
「身体意識」ギャラリーはねうさぎ(京都)
「ミニアチュール展」ギャラリーCOCO(京都)
1996年 “feel at heart-look and hear by hand” ギャラリーはねうさぎ(京都)
2002年 “Jeruk Polkadot” Hotel Dusun Village Yogyakarta(Yogyakarta-Indonesia)
2003年 “HYBRID” ぎゃらりー上の蔵(奈良)
2003年 “What’s in your pockets?” Purna Budaya(Yogyakarta-Indonesia)
2007年 “Mandi sama-sama, Gamelan Aid Project” CAP House(神戸)
2007年 “SARI-SARI” ギャラリーHANA(奈良)
2011年 “バリジャワナラ展” ギャラリー勇斎(奈良)
2015年 “Jalan Tiga Roda 轍の行く先” ギャラリー勇斎(奈良)

2018年 “JOURNEY 〜旅〜” ギャラリー勇斎(奈良)

 

Santo (サント)

日々の生活や自分を取り巻く自然からインスピレーションを得て、バティック(ジャワ更紗)、彫刻、絵画等、様々な技法で制作。

略歴

1978年 インドネシア・中部ジャワ生まれ

1997年~2004年 インドネシア国立芸術大学(ジョグジャカルタ)

展覧会

1998年 “Yogyakarta Art Festival(FKY)X” (Yogyakarta-Indonesia)

“Introspeksi” Benteng Vrederburg (Yogyakarta-Indonesia)

1999年 “Satu Atap” Taman Budaya Surakarta (Solo-Indonesia)

2000年 “Percakapan di Tengah Padang” ERASMUS HUIS (Jakarta-Indonesia)

2001年 “JakArt@2001 Festival” (Jakarta-Indonesia)

2003年 “HYBRID” ぎゃらりー上の蔵(奈良)

2007年 “Mandi sama-sama, Gamelan Aid Project” CAP House(神戸)

2007年 “SARI-SARI” ギャラリーHANA(奈良)

2011年  ”バリジャワナラ展” ギャラリー勇斎(奈良)

2011年  ”4人のくらしのくらしき展” スペースみき(倉敷)

2012年 “Santo Banana作 ジャワ更紗展” 摩波楽茶屋(奈良)

2014年 “はならぁと2014” 生駒宝山寺・摩波楽茶屋(奈良)

2015年 “Jalan Tiga Roda 轍の行く先” ギャラリー勇斎(奈良)

2018年 “JOURNEY 〜旅〜” ギャラリー勇斎(奈良)

展覧会一覧へ戻る