福西 三千春Fukunishi michiharu

ギャラリースケジュール

2024年2月20日(火) - 3月3日(日) この展覧会は終了いたしました。

※掲載作品の著作権は福西 三千春に帰属します。無断転載は固く禁じます。

作品コンセプト

仏教をテーマに描きはじめて約25年、抽象的表現から「丸」、「渦巻き」と、変化してきました。変わり変わりゆくこと。すべては現象です。私もまた「私という現象」です。すべては現象と認識したとたん元気が出てきました。
今回の出品した作品は、経典をキャンバスに書き、その上に有色下地を作り経典を埋め込み、その上に経典から受けたイメージを視覚化した作品になり、画面に経典が見え隠れする画面構成になっています。又、「聖者たち」と題し、聖者たちの視点を想像して描いた作品です。作品から自由感やエネルギーを感じ取っていただければ幸いです。

略歴
1955年、奈良県生まれ
1978年、東京芸術大学油画科卒業、安宅賞受賞
1979年、個展(レスポアール展・スルガ台画廊企画)
1986年、‘88、’90、‘92、’94、‘96、’99、‘03、’06, ’09、‘12、’15(銀座スルガ台廊)
1986年、2014年、個展(奈良・喜多美術館企画)
1991年、上野の森絵画大賞展特別優秀賞(美ヶ原高原美術館賞)受賞
1995年、時代を見る眼展(長野・美ヶ原高原美術館)
1996年、昭和会展招待出品(日動画廊)
1998年、‘99俊英作家小品展(銀座スルガ台画廊)
2010年、‘12、’14、‘16、‘18、‘21世界文化遺産姫路城現代美術ビエンナーレ参加
白鷺賞受賞、播磨文化大賞受賞
2012年、銀座スルガ台画廊開廊50週記念小品展
2014年 日仏現代美術交流展(M1ギャラリー、大阪)
2015年、イタリア+日本現代美術展(イタリア)
2017年、個展(ギャラリー・アムリタ、大阪)
散策展(うしお画廊、銀座)
堀尾貞治と創造者展(ギャラリー・菊、大阪)
2018年2月 個展(ギャラリー勇斎。奈良)
2019年2月 個展(GOMA Gallery EXA ART,大阪)
2019年、輪輪展(ギャラリー勇斎・奈良)
2020年 「三人の方位 」、(銀座、うしお画廊)
2021年 時代を創る展(ギャラリー菊、大阪)
2022年 輪輪展(ギャラリー勇斎、奈良)
2023年2月 「明日香の匠」展、特別出品(万葉文化館、奈良)
7月 世界遺産姫路城現代ビエンナーレ展(姫路市)参加

その他、コンクール展、グループ展多数
所蔵   美ヶ原高原美術館(長野県)

展覧会一覧へ戻る