野口 ちとせnoguti chitose

ギャラリースケジュール

2011年3月15日(火) - 3月27日(日) この展覧会は終了いたしました。

※掲載作品の著作権は野口 ちとせに帰属します。無断転載は固く禁じます。

プロフィール

野口 ちとせ

大阪生まれ。
1990年 初個展於阪急ファイブメッセージステーション(大阪)。 以後現在まで 毎年〜隔年、個展開催。 国内外グループ展参加多数。
2003年以降 木製の共鳴体に弦やピアノ線等の音源を設えた、音の出る造形作品を制作。それらを構成した時間空間を「音・空・観」シリーズとして発表。作品を体感するワークショップを伴に展開。

 

・・・音の記憶  と  音・空・観

音は事物の関係性から生まれ、様々の可能性を虚空に響かせます。その可能性の摩訶不思議は、いつの時代も変わることなく、人の好奇心をそそってきたことでしょう。好奇心は、可能性への期待です。それは、誰もが生まれ持った初源の感覚と繋がっているような気がしています。
「音・空・観」は、このような音の魅力を時間空間の中で表現したいという思いから生まれました。

 

・・・主な音・空・観シリーズ

vol.7 2010年 「間 be 音」      / ギャラリーすずき (京都)
vol.6 2008年 「Reuiem」       / 楓ギャラリー (大阪)
vol.5 2007年 「町家に置く」      / SELF SO アートギャラリー (京都)
vol.4 2006年 「虚空の中心」    / 楓ギャラリー (大阪)
vol.3 2005年 「巴 調」        / メディアテーク (仙台)
vol.2 2004年 「三角形の空観」  / Space TOO (大阪)
vol.1 2003年 「春のエコー」    / 楓ギャラリー (大阪)

 

2009年 第6回現代美術国際展南仏ペルピニャン 金賞
2007年 第26回現代美術交流展ソウル 奨励賞
2006年 第3回現代美術国際展南仏ペルピニャン 銅賞

展覧会一覧へ戻る