吉田 廣喜Yoshida Hiroki

ギャラリースケジュール

2021年6月1日(火) - 6月13日(日) この展覧会は終了いたしました。

※掲載作品の著作権は吉田 廣喜に帰属します。無断転載は固く禁じます。

「塗りたての夢」

今回の個展では、テーマを「塗りたての夢」としました。塗りたてとは、作品が仕上がったたばかりという意味と、制作途中の二つの意味があります。私はもともと作品制作中に乾燥させては制作したり、乾燥する前に手を加えたり、自由で気ままな制作方法とっています。

濡れたてか塗りたてか待ったなしの自由な絵画空間を是非ごらんください。

プロフィール

吉田 廣喜

略歴

1952 大阪市に生まれる
1973 兵庫県展(兵庫県立近代美術館)神戸新聞社賞受賞
1974 第4回兵庫県立美術祭(兵庫県立近代美術館)
1975 大阪芸術大学美術学科絵画専攻津高和一ゼミ卒業
1976 第12、14回現代日本美術展(東京都美術館・京都市美術館)
1979 架空通信展<想像から創造へ>(大阪府民ギャラリー)
ジャパンアートフェスティバル´79(ウッチ美術館ポーランド)国立国際美術館(大阪)
1980 アート・ナウ´80(兵庫県立近代美術館)
第1回~5回架空通信テント美術館展(夙川公園/兵庫)
1981 神戸招待現代美術展「平面へのアプローチ」(画廊ポルティコ・ギャラリーさんちか/兵庫)
現代の平面OSAKA青年ビエンナーレ(大阪府立現代美術センター)
1988 88兵庫の美術作家(兵庫県立近代美術館)
1991 KUST’91(トスカニッシザウレンホ-ル/ドイツ)
1995 線の動向展ーⅡ(ベイスギャラリー/東京)
2000 震災と美術ー1.17からうまれたもの(兵庫県立近代美術館)
震災 記憶 芸術 (岡本太郎美術館/神奈川)
2002 画廊の視点(大阪府立現代美術センター)
2007 架空通信百花繚乱展2007~2010(兵庫県立美術館ギャラリー)
2010 大学ミュージアム・プロジェクトリアルタイムWebと美術(稚内北星学園大学)
2011 津高和一生誕100年架空通信展(西宮市大谷記念美術館/兵庫)
2012 尼崎アートフェスティバル2012~2014(尼崎市文化ホール/兵庫)
2013 2013年度コレクション展(兵庫県立近代美術館)
神戸ビエンナーレ2013~2018(BBプラザ美術館/兵庫)
2014 震災から20年 震災 記憶 美術(BBプラザ美術館/兵庫)
無展(Nontnes Tres Gallery/FRACE)
2016 無題展2016~2021(ギャラリー勇斎/奈良)
※その他個展41回グループ展多数

展覧会一覧へ戻る