堀内 昇Horiuchi Noboru

ギャラリースケジュール

2021年11月16日(火) - 11月28日(日) この展覧会は終了いたしました。

※掲載作品の著作権は堀内 昇に帰属します。無断転載は固く禁じます。

繰り返し線を引く。色を重ね、刻を重ねる。
例えば、森羅の如く、息づく絵画を立ち上げる。
呼吸するかの様に、絵画を求める。

プロフィール

堀内 昇

略歴

1960 大阪に生まれる(大阪芸術大学芸術学部美術学科卒)

 

個展

1986 信濃橋画廊(大阪) 89、エプロン・88、5・95
1990 番画廊(大阪)
1991 ギャラリー白(大阪) 93、94、96、97、98、00、06、07、08
1994 ギャラリーラ・フェニーチェ(大阪)
2003 コバヤシ画廊(東京) 05
2010 ギャラリー勇斎(奈良) 15、18

 

グループ展、コンクール展

1986 日本国際美術展(東京都美術館、京都市美術館) 90
1987 エンバ賞美術展(エンバ中国近代美術館・芦屋) 88〜90、91、93・ 新人賞87、91
ABC&PI展(ABCギャラリー・大阪他) 88〜90、92、93・ 優秀賞88
1988 11の風88展(画廊ぶらんしゅ・大阪)
ローズガーデン美術公募展(ローズガーデン・兵庫)
1989 吉原治良賞美術展(大阪府立現代美術センター)
現代日本美術展(東京都美術館、京都市美術館他) 92
洋画100・和歌山大賞展(和歌山市民会館)
1990 日仏現代美術展(東京都美術館、京都市美術館、グラン・パレ美術館他)・ 佳作賞、読売テレビ賞91
CONTEMPORARY ART SELECTION(ギャラリーマツフジ・大阪)
現代日本絵画展(宇部市文化会館・山口)
大阪絵画トリエンナーレ(マイドーム大阪) 93
1991 京都美術展(京都市京都文化博物館)
柏市文化フォーラム104大賞展(柏そごう・千葉)
紀の国絵画大賞展(紀の国会館・和歌山)・ 優秀賞
1992 現代美術3人展(凡画廊・兵庫)
1993 話題の作家展(創造の森こども美術館・大阪)
1995 二つの視点95展(阪急百貨店・大阪)
1997 Ge展(ABCギャラリー・大阪、京都市美術館他) 98〜19、21
2002 多視点の絵画(ギャラリーラフェニーチェ・大阪)
2003 比良から新しい風が(比良美術館・滋賀) 07
2006 ネオリアリスト展(大阪府立現代美術センター・大阪他) 07
2007 京展(京都市美術館)
美の冒険者たち 私のありか展(なんばパークス・大阪)
2008 ネオスタジオ5人展(ギャラリー白3・大阪)
ペインタリネス2008(ギャラリー白・大阪) 09
ネオスタジオ6人展(ギャラリーHOT・大阪)
百花繚乱(兵庫県立美術館ギャラリー棟)
2009 ネオスタジオ9人の方法(ギャラリー菊・大阪)
2010 循環展(ギャラリー勇斎・奈良)
青の美学(ギャラリー菊・大阪)
2011 大阪芸術大学美術学科作家展(ギャラリーkazahana・京都)
2016 ネオリアリスト10人の発言(ギャラリー菊・大阪)
2017 現代美術ZEROの視点(NEWOSAKAHOTEL心斎橋・大阪)
2018 現代美術ZEROの視点(東京、名古屋) 19、21
2019 新制作阪神作家+2展(原田の森ギャラリー・兵庫)
JUNE-Untitled (ギャラリー勇斎・奈良)
2020 21世紀のメッセージ展(日本最古の石博物館・岐阜)

展覧会一覧へ戻る