浮川秀信Ukigawa HIdenobu

ギャラリースケジュール

2022年5月24日(火) - 6月5日(日) この展覧会は終了いたしました。

※掲載作品の著作権は浮川秀信に帰属します。無断転載は固く禁じます。

針金を曲げ直方体を組み上げると、空気は行き来するのに、当たり前のことだがスケスケなのに箱に見える、組み上げた線を曲げたり伸ばしたりすると、それに応じて空気の流れも変化してくれる様に思える。以前、古い町屋の雰囲気を大きく残した画廊(大阪 ➕1art)での個展で「エアリュウム」という造語の副題で個展を開いた、組んだ針金の空気感と町屋の懐かしい空気感その両方からそう名付けた。
今回の画廊も奈良町と言う古い街の中にある、しかし、画廊自体は特に町屋の風情を残したものでは無い、明るい入り口と奥に大きな出口もあり、奈良の風が爽やかに通り抜ける、そんな感じのする空間である。エアリュウム(空気)にこだわるならむしろ(風)と言う感じが相応しい、そこで風をカタチにするそんなことを思い浮かべながら針金(ピアノ線)を曲げたり組んだりしてみる、今回はエアからウインドというところであるが適当な造語が思い浮かばない

プロフィール

浮川秀信

最近5年間の発表

2021年 GALLERY猫亀屋(大阪)、+1 art(大阪)
2020年 Gallery勇斎(奈良)
2019年 GALLERY 猫亀屋(大阪)
2017年 +1art(大阪),STREET GALLERY(兵庫)
ーーーーーーーーーーーーー
1995年 石の道いけだ彫刻シンポジューム
1982年 日本国際美術展(東京・京都)グループ出品
1981年 びわこ現代彫刻展(滋賀)
1979年 日本国際美術展(東京・京都)
1978年 日本国際美術展(東京・京都)
1976年 アートナウ77(兵庫)
1976年 須磨離宮公園彫刻展(兵庫)
1969年 個展 あの画廊(大阪)
以後 信濃橋画廊(大阪)を中心にほぼ毎年個展
1968年 大阪学芸大学(現大阪教育大学)絵画専攻科修了
1942年 大阪に生まれる

展覧会一覧へ戻る