松本つぎ代Matumoto Tugiyo

ギャラリースケジュール

2011年3月8日(火) - 3月13日(日) この展覧会は終了いたしました。

※掲載作品の著作権は松本つぎ代に帰属します。無断転載は固く禁じます。

プロフィール

松本つぎ代

1949年  和歌山県生まれ。

1985年   【草木染の作品づくり】
京都・宇治にて草木染作品を作り始める。
染色家の夫を手伝うかたわら、志村ふくみ氏の作品に感銘を受け、現代 の服に生かそうと草木染を始める。この年に、『四季の草木染 野の花工 房』を設立する。

 

1988年   【展示会】
第一回 「自然からの贈り物」展 大久保ギャラリー(京都 宇治市)から現在まで毎年数回、全国各地の画廊、ギャラリー、百貨店で展示会を開催。

 

【メディア出演】

この展示会が読売新聞、ABCテレビ、NHKテレビ、KBS京都ラ ジオで紹介される。以後、新聞(京都新聞・毎日新聞・朝日新聞など)、雑誌(ハイミセス)、テレビ(ABC・NHK)、ラジオ(KBS京都)に出演。

1990年   【草木染教室】
自然豊かな京都・井手町に惹かれ、転居。
自宅にて草木染教室を始める。(現在は工房にて草木染教室開催中)

1995年   【教室展】
教室の生徒さんの作品展である教室展を、「四季のまんだら」展という名 前で京都クラフトセンター(京都)にて初開催。以後1998年から2年ごとに場所を変えながら開催しており、毎回生徒さんやご友人にも好評   を博している。
(2010年より工房にて開催)

2009年   【工房の移転】
野の花工房を自宅近くの古民家に移転オープンする。染め場は土間を活用して作業がしやすくなり、意欲的に作品づくりに取り組んでいる。
草木染教室もその染め場を使って、にぎやかにやっています。

 

四季の草木染 野の花工房 (主宰:松本 つぎ代)
〒610-0302 京都府綴喜郡井手町井手宮ノ本73-5
TEL・FAX 0774-29-3337
ホームページ http://kyoto-nonohana.jp (展示会や教室の情報が載っています)

展覧会一覧へ戻る